日記・コラム・つぶやき

夏の宵

朝、「白南風」という題でアップしたが、盛夏の訪れを思わせる一日だった。

出張で遠出し、帰りの車窓で日が落ちた後の東の明るい空に丸く白い月が差し昇っていたのを眺めたのも偉観だった。

帰宅して夏の宵にふさわしく、モーツアルト「音楽の冗談」k522を聴く。

| | コメント (0)
|

紫陽花Ⅱ

時々晴れながらも、静かな梅雨空が続く。
今年の梅雨は梅雨らしく、好もしい。

沿道の紫陽花の花が、少し前より青から赤紫に変わってきた。

| | コメント (0)
|

夜空

梅雨の晴れ間の南の空に、木星が輝いている。

| | コメント (0)
|

遠雷

梅雨に入って天気が不安定なせいだろうか。夜になって雨が降り、遠くで雷が鳴っている。

| | コメント (0)
|

今朝は一転して朝からしとしとと雨。

梅雨の始まりか。

| | コメント (0)
|

紫陽花Ⅱ

紫陽花がますます丸く、色付いている。

今日は晴れ、「向暑の候」という言葉がふさわしい日差しがまぶしい朝だった。

| | コメント (0)
|

百合

走り梅雨のどんよりとした暗い曇天の下、オレンジ色の百合が燃えるようだ。

| | コメント (0)
|

別れ霜

昨日は寒く、夜はエアコンの暖房をつけるほどだった。

「八十八夜の別れ霜」をすでに越えている。

| | コメント (0)
|

夏の雲

今日は快晴。遠出して車窓から眺めた雲は、もくもくと綿状に成長し、夏の雲の片鱗を見せていた。

夜、スピカが南中し、春の大三角が南の空の正面に大きく懸かっている。

| | コメント (0)
|

5月

今日から5月。

相変わらずウグイスが良い声で鳴いている。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧