« 入梅 | トップページ | 旧端午 »

明けの明星

一昨日の朝、うっすらと白んできたときに目が覚めた。

金星が内合のあと東天に回り、今日は月と接近しているかもしれないと思って、外へ出てみた。

家々の屋根の上に、低く銀色に輝く金星を見つけた。息を呑むような美しさだった。

|

« 入梅 | トップページ | 旧端午 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入梅 | トップページ | 旧端午 »