« 月の赤緯が最北 | トップページ | 6月 »

『六朝・唐・宋・小説選』(平凡社 中国古典文学大系24)

300円の絵札がついているこの本、神保町の古本屋で買ったのだろう。

先日から読み始めたが、まず最初は「捜神後記」、「異苑」、「述異記」など、ふしぎな話を集めた短編集。有名な桃源郷の話や、奇怪な神異譚がならんでいる。

主として読む本の箸休めや、寝る前にちょっと読むのなどで、当分楽しめそうだ。

|

« 月の赤緯が最北 | トップページ | 6月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月の赤緯が最北 | トップページ | 6月 »