« 初秋の朝 | トップページ | 残暑 2 »

真夏よりも初秋の方が、雲が美しいと感じる。

天が高くなり、空の青と雲の白が際立つからだろうか。

列車の車窓から青空に浮かぶ積雲を眺めているだけでうれしい。

長らくこの季節に読みたくて果たせなかったギャビン・ブレイダー=ピニー著『「雲」の楽しみ方』(河出書房新社)を、今年はひもといてみたい。

|

« 初秋の朝 | トップページ | 残暑 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初秋の朝 | トップページ | 残暑 2 »