« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

八月尽

遠方でツクツクボウシがわずかに鳴いている。静か。

弱まったとはいえ日差しが暑気を運んでくる。

音もなくさるすべりの花が散っていく。

坂道の沿道には、赤い花木の花が所々に見えている。

| | コメント (0)
|

静かな晩夏

朝、わずかにツクツクボウシが鳴いている。

強い日差しだが、風には涼しさが交じる。

秋が近づいたのか、澄んだ青空。入道雲。

サルスベリの花が散って、桃色の花屑が路上に散乱している。

| | コメント (0)
|

晩夏

昨日は日中暑さも和らぎ、ツクツクボウシの声が響く。

今日からは台風が続いて襲来の様子。

| | コメント (0)
|

旧七夕

今日は旧暦七月七日で、七夕である。

乾燥した北風が吹いたせいで、夜は叢雲の合間から天頂に織姫が青く、神秘的に輝いていた。

南西の空には上弦の月のすぐ下に木星が大きく輝く奇観で、空が澄んでいるせいでサソリが頭をもたげ、織姫の近くには白鳥座の北十字の星が見えた。

| | コメント (0)
|

秋立つ

今朝は猛暑の日々から一転して、曇天に涼しい風が吹く。

季節が半月ほど先に回っている感じだ。

夜になって、「大雪山に史上最速の初雪」の報が届く。笑うしかない。

| | コメント (0)
|

暁雲

八月も後半に入り、暑い中も風が少しさわやかに感じるようになってきた。

今朝、明けていく青い空に浮かぶ綿のような雲が、茜色に染まっていた。

| | コメント (0)
|

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »