« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

こぶし

先週からこぶしの冬芽が割れ、純白のつぼみが顔を出している。

梅は今や満開だ。

| | コメント (0)
|

梅開花

先般の暖気で、梅の花が一気に開いた。

通勤で駅に向かう沿道では、家々の庭や河畔などに白や紅の梅の花が咲き、中にはヒヨドリやメジロが枝に集まっている姿も見られる。

早春の朝の贅沢である。

| | コメント (0)
|

かまくら

暦を開くと、今日は「横手かまくら」。

暖冬と昨日の暖気で、雪はあるだろうか。

| | コメント (0)
|

旧元日

今日は旧元日。

| | コメント (0)
|

鬼やらい

明日は旧暦の元日。

だから今夜は本来は大みそかで、年越しの夜である。

『唐詩歳時記』(講談社学術文庫)の該当の箇所を読んでいた。

宮中では「方相氏」が黄金の四つの目を持った仮面をつけ、戈と盾を持って舞い厄を払う。けだし、秋田の「なまはげ」もこの影響を受けているのだろう。

また、年十歳以上、十二歳以下の子弟が「侲子」(しんし)となって赤い頭巾、黒い服をつけ、宮中を練り歩く。

鬼やらいで追い出した悪鬼が戻ってこないように、夜になっても火が赤々と焚かれ、昼のように明るくする。

新暦で正月も真冬の行事になってしまったが、やはり本来立春の前後にやった方が好ましいに違いあるまい。

| | コメント (0)
|

残月と群星

今朝、5時半に起きてみると、空に低く三日月を逆に返した月齢26の月が見え、あたりに群星がはっきりきらめいていた。

火星(0.8等)と土星(0.5等)がいて星座のかたちを崩しているが、月の少し右側の南正面にはサソリが頭をもたげていた。

2月初頭の明け方の空である。

この月がもう数日で新月になると、旧暦正月を迎える。

| | コメント (0)
|

立春

今日は立春。

今年は暖冬で、厳冬がなくもう早春になったという感じがする。

通勤の道すがらの梅ももう開花をはじめている。

| | コメント (0)
|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »