« すすき | トップページ | 時雨Ⅱ »

時雨

寝る前に開いた『和漢朗詠集』(角川文庫)から、佳句が眼に入った。

神無月 降りみ降らずみ さだめなき 時雨ぞ冬の初めなりける

                          (初冬:読み人知らず)

|
|

« すすき | トップページ | 時雨Ⅱ »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すすき | トップページ | 時雨Ⅱ »