« 立秋 | トップページ | ツクツク »

牽牛と織女

昨夜遅く帰るとき、天頂を通り過ぎたところに雲の切れ間から織女と牽牛が輝いているのが見え、「夏の大三角」を形成する白鳥座の星もあって、夏の深夜らしい光景だった。

ちょうど牽牛と織女が天頂を通過するこの季節に七夕が設定されるのもわかるような気がして、星の青さが夜の風に涼味を添えた。

今朝は、ここ連日のような快晴ではないものの、繊細な夏雲が朝日の光を受けて、銀色に輝いていた。

|
|

« 立秋 | トップページ | ツクツク »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立秋 | トップページ | ツクツク »