« 夏の朝Ⅲ | トップページ | 牽牛と織女 »

立秋

今日は立秋。

地上では相変わらずの炎暑が続きそうで、今日までの数日は一年中で最も暑いときであろう。

毎日風があるのが救いである。日中も風が止まっているよりは酷暑も和らぐし、夜や早朝には心地よさも感じる。

この週末は台風接近の由。夏も後半へと入っていく。

|
|

« 夏の朝Ⅲ | トップページ | 牽牛と織女 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の朝Ⅲ | トップページ | 牽牛と織女 »