« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

穀雨

昨日は二十四節気の一つ、穀雨だった。

今日も春らしい恵みの雨が降る。

| | コメント (0)
|

ソメイヨシノはそろそろ終わりだが、それ以外の桜が白や紅の花をまだ咲かせていて、通勤の道すがらを楽しませてくれる。

先日の「寒食」続きで、夜寝る前に『唐詩歳時記』の「踏青」の項などを読んでいる。

唐代には寒食・清明節に官吏の休暇が最初は三日、のちに拡大されて五日、最後には冬至・正月と同じ七日が与えられ、かなり遠方まで墓参りに出かけたという。

時候に従って長期休暇が与えられるのはいい。

| | コメント (0)
|

寒食

冬至から数えて105日目の日が「寒食節」で、今年は4月6日がそれに当たっていた。

「古い火から新しい火へ更新する」という古い思想の名残で、中国で1日火を使わず、冷たい料理を食べるので「寒食」の名がある。それについて歌った多くの唐詩もある。

中国ではその日に墓参りをする風習があり、沖縄の「清明節」の行事などもその影響なのであろう。

実に空気がさわやかな季節になってきた。

| | コメント (0)
|

4月

昨日から4月となる。

早期に一部の花が開いた桜も、その後逐次に花を開き、散り始めはまだで、昨日・今日くらいが一番の見ごろとなってきている。

今日は旧上巳節(ひな祭り)、清明が5日の土曜日で、「春が来た」という感じの好季節になった。

| | コメント (0)
|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »