« 大寒 | トップページ | 天気図 »

臘日(ろうじつ)

今日は旧暦で年末の祭りである「臘日」。

「臘」は「猟」に通じ、年末に狩猟して、その獲物で先祖の祭りを行ったのが原型らしい。

大寒後の最初の辰の日とある。唐代にはこの日をはさんで前後三日にわたり官吏には休暇が与えられ、寒気を防ぐためのクリーム(口脂・面薬)が下賜された。

新暦となり、年末の祭りという感は薄い。このあたり、冬のど真ん中に新年を迎える新暦と、まだ寒気の中ながらこれから少しずつあたたかくなっていくという立春前後に新年を迎える旧暦とは、季節感において大きな差が表れてくる例であろうと思う。

|
|

« 大寒 | トップページ | 天気図 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大寒 | トップページ | 天気図 »