« 秋の気配 | トップページ | 重陽 »

秋の気配Ⅱ

所用があって奥多摩まで行ったが、すでにススキが繊細な穂を出していて、秋はそこまでと感じさせた。

気を付けると都会部でもそうであり、夜は虫の声がますます繁く、確実に季節の移ろいを感じさせる。

|
|

« 秋の気配 | トップページ | 重陽 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の気配 | トップページ | 重陽 »