« 天気図 | トップページ | 保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館・戦争の日本史18) »

夏の峠

立秋が過ぎ、あの最高気温の猛暑が終わってからは、確かに風が涼しくなってきたように感じられる。

七月末のあの溽暑とえらい違いで、夏も完全に後半に入ったという感じである。

空ももやがちだった空から、次第に澄んだ本当の青空らしくなってきた。

そろそろ晩夏の始まりであろう。

|
|

« 天気図 | トップページ | 保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館・戦争の日本史18) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気図 | トップページ | 保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館・戦争の日本史18) »