« 保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館・戦争の日本史18) | トップページ | 秋の気配 »

虫の声・処暑

今日は二十四節気の処暑。

そのためでもあるまいが、数日前から虫の声が一層繁くなってきたような気がする。

内容?も多彩で、コオロギから、鈴虫に近い音色のもの、その他、といろいろ聞こえる。

まだまだ暑さは続くが、確実に季節は移ろっているということか。

今日からしばらく前線が南下して天気が悪くなりそうな由。

|
|

« 保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館・戦争の日本史18) | トップページ | 秋の気配 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 保谷徹『戊辰戦争』(吉川弘文館・戦争の日本史18) | トップページ | 秋の気配 »