« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

上元

今日は満月に近く、旧暦一月十五日の上元節の日である。

今日の夜(元宵)は、中国では唐代から「火樹の春」と歌われるほど、灯籠や燭光が街を飾った。

今日の帰路、望月を見て気が付き、帰り着くとTVで横浜中華街の「元宵」の光景をニュースでやっていた。

| | コメント (0)
|

雨水

今日は二十四節気の雨水。

その名の通り関東地方では小雨となった。

寒さもあるが、日の光はもはや早春という感じで、今日の雨もその感を一層強くした。

2月の初めには「今年は梅の咲くのが遅いな」と思ったが、10日ころにはいつの間にか咲いていて、冬もすでに終わりに近づいたことを告げていた。

  梅一輪々々ほどのあたたかさ       服部嵐雪

| | コメント (0)
|

「夢の競演!高橋多佳子とヤングピアニスト」2013

浦和でやっている、毎年恒例のコンサート。

セレクションを受けた小学生から大卒までの若い人たちが、ピアニストの高橋多佳子さんと連弾で共演するというもの。

高橋さんの子供たちへの答えを引き出す質問が楽しく、演奏も上手で、楽しいイベントである。

今年は9人のヤングピアニストの参加だった。最初の小学1年生の二人の演奏がノリノリで上手なので、以後も集中して聴いていて、終わった後疲れるほどだった。

中でも、パッヘルベルのカノンを弾いた岩間さん(中一)の、比較的単調なメロディーを最初は静かに、次第に盛り上げていく演奏は良かったし、最年長の「カリスマ店員」?(高橋さんのジョークだ)の山本さんのドボルザークのスラブ舞曲は、悲哀のような船出から、後半は楽しい船旅に代わっていく感じで、青函連絡船の旅を空想していた。

とにかく子供たち一人一人の個性がおもしろい。その力を弾き出して自然にリラックスさせる高橋さんのリードもあると思う。もちろん、よく練習しているのだろうが、演奏も傾聴するに足る。

来年は周りにもっと宣伝しようと思う。

| | コメント (0)
|

立春

今日は立春。

先月下旬の二度目の雪のあたりから、日の光が強く、なんとなく春を感じさせてはいた。

一昨日より春を思わせる気候になっている。明日からはまた冷えるようだが。

少し前から、講談社学術文庫の『百人一首』を一日一首ずつ読んでいる。

今日はちょうど光孝天皇の

 君がため 春の野に出でて 若菜つむ
 わが衣手に 雪は降りつつ

の歌に当たっていて、偶然ながら立春にとてもふさわしい。
 

| | コメント (0)
|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »