« 満月 | トップページ | 論語 »

金環日食

朝、どんよりと一面の雲。6時前から雨。時に激しく、「なんだこりゃ」という感じ。TVの渋谷の方がまだ太陽の光が見えている。

6時18分欠け始め予想。上述のように驟雨だ。気象庁HPの「レーダーナウキャスト」でも、雨の範囲が帯状に横たわっている始末だ。

7時でも無理だったが、7時過ぎから雲がところどころ薄くなりはじめ、ときどき三日月状の太陽が雲を通して見えだした。

そして金環時刻の7時30分過ぎ、日食眼鏡を通して、ときに雲を透かして小さく繊細な環が見えたのは素晴らしかった。雲を通しているので減光の必要がなく、そのまま雲と金環の写真を撮らなかった(撮れなかった)のが悔やまれた。

金環時刻の後半は厚い雲になってしまったが、ときどきは7時50分くらいまで観望可能だった。

貼れなかったのは誠に残念だが、これは金環や皆既日食を海外まで追いかけて見に行っても良いぞと思わせる、希少な体験だった。

次は国内では2030年6月1日の北海道の金環日食(これは今回の金環日食の一サロス周期後の日食となる)、2035年9月2日の本州を横断する皆既日食に期待しましょう。

(ちなみに検すると、島嶼部とか北海道以外の日本中央部で見られる皆既日食は、今世紀中にはこの2035年一回しかない)

|
|

« 満月 | トップページ | 論語 »

天文」カテゴリの記事

コメント

転勤先の愛知県自宅の屋上で見ましたです。
拡大鏡がほしかったかも。

2035年・・・
71歳ですか。
なんとか間に合いますかね。

期待して雨だったらさびしいので、それを生きがいに待つことはしないようにしたいと思います。

今回のように、またドリカムが歌にするのかな?

投稿: クラウディオ・アラウ | 2012年6月 2日 (土) 07時38分

ありがとうございます。返信遅くなりました。
皆既や金環はたまに話題になるのでよく起こるような気
がしますが(地球全体では年に2回くらい)、20世紀に
本州島で見られた金環日食と皆既日食は一回もありません。
(北海道、八丈島、奄美大島などであり)
今回は貴重な現象でした。

投稿: ロイヤルトランペット | 2012年6月 8日 (金) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月 | トップページ | 論語 »