« 凛凛と | トップページ | 春分2012 »

杜牧とショパン

日曜の夜はいつもピアノ曲などを聴いてゆったり過ごしたく思うものだが、昨日は風呂上りにショパン集を聴きながら、平日はストップしてしまった杜牧詩選を開いていると、これが非常にマッチしていて、詩がどんどん進んでしまった。

植木氏の詳細な語釈も、時間に余裕があるのでじっくりと追える。

さらに『唐詩歳時記』の春分、春社を読み返し、『晋の武帝・司馬炎』の蜀討伐あたりを読み返し、23時30分に寝る。

|
|

« 凛凛と | トップページ | 春分2012 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凛凛と | トップページ | 春分2012 »