« 肩越しに金星12 | トップページ | 凛凛と »

「夢の共演!高橋多佳子とヤングピアニスト」2012Ⅱ

前述の通り、1月29日に浦和のプラザイーストで行われたコンサート。

オーディションで選ばれた小学校1年から大学4年までの「ヤングピアニスト」が、ピアニストの高橋多佳子さんと連弾で共演するというイベントで、前にも書いたが私は前身の「公開レッスン」から面白くて毎年聴きに行っている。

子供たちの上手さにも感心するし、何より?高橋さんと共演者のトークがとぼけていて笑える。

毎年、時間が伸びてしまっているので、今年は出演者を8人に絞るつもりでいたが、結局絞り切れずに11人になったという高橋さんの弁。さすがに皆熱演だった。

高校生以上(高校生二人、大学生二人)はソロ演奏もあり、私などは技術的なものはわからないが、さすがと感じさせる。特に高校生は学校の勉強、大学受験、進路という問題があるから、人前で演奏するレベルまで持っていくのは容易ではない。かのプランクが、十代の時に「音楽家か、物理学者か」と悩んだという話をちょっと思い出した。

ちょっと時間がたってしまったので、印象が的確でないかもしれないが、最初の子(齋藤さん)は小学1年生だがリズミカルと思ったし、クラシックでない感じの曲を演奏した人(豊岡さん)も、「早春の風」という感じで新鮮だった。葛西さんの「剣の舞」は迫力を感じた。

ソロでは、高校生の長瀬さんが連弾でリスト、ソロでグラナドスという選曲で、重々しいものだった。

まあ、繰り返しになるけれど私には技術的なことはわからず、とにかく楽しいコンサートなので、来年も期待したい。

|

« 肩越しに金星12 | トップページ | 凛凛と »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩越しに金星12 | トップページ | 凛凛と »