« あけおめ | トップページ | 小寒 »

修学院離宮

1月3日の朝、NHKでやっていた番組。

こんな場所があったのか、と驚嘆した。私は京都には数回しか行ったことがなく、あまりにも知識が不足である…。

従来の箱庭のような日本庭園のイメージから離れ、比叡山のふもとに水をせき止めた池を作り、雄大な眺望と棚田まで取り込んだ自然との共生、そして従来の日本庭園が持つ雅さ、繊細な感覚を同居させている。

江戸初期、幕府権力と対峙して譲位した後水尾上皇の傑作である。

下地の一二三石など、古歌とかを離れた新鮮で繊細な遊び心を感じさせて楽しい。

こういう洗練された感覚を大事にし、楽しむこと、これこそ文化であり、人生の楽しみであるという感を深くした。

|

« あけおめ | トップページ | 小寒 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけおめ | トップページ | 小寒 »