« 鈴木良一『応仁の乱』Ⅱ | トップページ | 小雪 »

暁の星座

朝、5時過ぎに起きたので外を見てみる。

おおいぬやオリオンはすでに西に傾き、しし座が中天に躍進している。

南西に見慣れぬ二つの輝星がある。良くはかってみると一つはスピカ、その上は紛れ込んでいる惑星で、土星と分かった。

中天のししの足元にも火星が赤く輝いていて、いつもより俄然にぎやかに見える。うみへびの心臓も一目でそれとわかり、スピカの東方にも微星(からす?)が見えていて空気は澄んでいる。

今日は良く晴れるだろう。

書き忘れたが、三日月を裏返した26日の残月が、地球照を抱いてやや東側に傾いていた。

|
|

« 鈴木良一『応仁の乱』Ⅱ | トップページ | 小雪 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴木良一『応仁の乱』Ⅱ | トップページ | 小雪 »