« 名月 | トップページ | 松田道弘『トランプものがたり』(岩波新書102) »

アポロドーロス『ギリシア神話』(岩波文庫)

昨夜、頑張ってアポロドーロス『ギリシア神話』(岩波文庫)を読了。

十年以上前に半分くらい読んで途絶した本だったのに、今回は煩雑な記述も逆にじっくり取り組むことによって面白く、わずか七日で撃破した快読となった

読み終わって巻末の岩波文庫のリストをチェックしながら見ていくうちに、大学時代の好奇と清新な気持でした読書の感覚を思い出した。

それまで、特に外国文学はほとんど読む機会がなかった当時の私にとって、一つ一つが新しい知見であり、言葉は堅いけど「学習」であって世界が広がった。結局大学時代に一番読んだ岩波文庫は、(本当は青版かもしれないが)赤版(=外国文学)だったと思う。

|
|

« 名月 | トップページ | 松田道弘『トランプものがたり』(岩波新書102) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名月 | トップページ | 松田道弘『トランプものがたり』(岩波新書102) »