« 伏日 | トップページ | 『宝石の歴史』(知の再発見叢書187) »

昨夜、帰路に今年初めてさそり座が大きく頭をもたげて南中しているのを見た。

都会のこととて、心臓のアンタレスと爪の一二星しか見えないが、それでも真夏の初めの風物詩である。

今日はぼんで、満月。

|
|

« 伏日 | トップページ | 『宝石の歴史』(知の再発見叢書187) »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伏日 | トップページ | 『宝石の歴史』(知の再発見叢書187) »