« 大化の改新 | トップページ | 春秋左氏伝 Ⅱ »

東都大学野球Ⅱ

昨日、東都のホームページを見てみると、国学院大が中央大に2x-1でサヨナラ勝ち。

その前の一回戦では4番井上のホームランで中央大が逆転勝ちをしている。

今回も8回にその井上のソロホームランが出て1-0としたが、今度は9回裏に2点を取られて逆転サヨナラ負け。昨年夏の甲子園優勝投手の中央大・島袋(興南高)は、最後の打者のサヨナラ打には投げていないものの、9回のランナーを出したので自責点2、負け投手になった。

一年から先発の大物ルーキーがこれで早くも4月に三敗で、こういうのも珍しいだろう。

戦国東都、やはり恐るべし。

|

« 大化の改新 | トップページ | 春秋左氏伝 Ⅱ »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大化の改新 | トップページ | 春秋左氏伝 Ⅱ »