« 東都大学野球Ⅱ | トップページ | 下弦の月 »

春秋左氏伝 Ⅱ

伍員の作戦を採用した呉は、ついに楚の都に突入。

楚は秦に援軍を仰ぎ、ようやくのこと呉を撃退する。

鄭では子産と並ぶ賢人の卿であった游吉が世を去った。時代はもう一つ新たな展開へ動いていく。

周では死んだ王子朝派が反乱を起こし、またもやトマゾファミリーのようなわけのわからない内乱が…。

本当に、紀元前6世紀のこういう国々の詳しい動向や人々の息吹の網羅的な記録がしっかりと残っていることが、奇跡のように感じる。

|

« 東都大学野球Ⅱ | トップページ | 下弦の月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東都大学野球Ⅱ | トップページ | 下弦の月 »