« 二月 | トップページ | 三月 »

春望

震災にちなみ、朝の通勤電車の中でたまたま杜甫の「春望」を読んでいたら、泣きそうになってきた。

  春望  杜甫

国破山河在
城春草木深
感時花濺涙
恨別驚鳥心
烽火連三月
家書抵萬金
白頭掻更短
渾欲不勝簪

国破れて 山河あり
城 春にして草木深し
時に感じては花にも涙を濺(そそ)ぎ
別れを恨んでは鳥にも心を驚かす
烽火 三月に連なり
家書 万金に抵(あ)たる
白頭掻けば更に短く
渾(す)べて簪(しん)に勝(た)えざらんと欲す

|

« 二月 | トップページ | 三月 »

漢詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二月 | トップページ | 三月 »