« 旧十二月 | トップページ | 小寒 »

箱根駅伝

三年連続山登りの東洋大・柏原の力走や、古豪・早稲田の久しぶりの優勝、往復新記録や二位との差が史上最少など、色々あった大会だったが、何といっても国学院大が駅伝で史上初めてのシード権を獲得するために激走し、8位~11位の集団の中で首位に立つも、ゴール直前で道を間違え、しかし取って返して一人を抜き返してシード権をつかんだのは目を見張った。国学院大恐るべし。

思えば、あの「戦国」東都大学野球(また野球の話かい?名門駒沢、日大、専修でさえ二部転落。一昨年秋に全国大会優勝の立正大も翌春には最下位で二部転落)を制して昨年秋に一部で初優勝した国学院大。

国学院大のこの突然変異は何?

|

« 旧十二月 | トップページ | 小寒 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧十二月 | トップページ | 小寒 »