« 猛暑の詩 | トップページ | 晩夏 »

処暑

今日は二十四節気の処暑。

秋が早い大陸と日本とでは気候が違うから、ぴったりとは言えないが、「暑さが退いて潜み処(お)る」時期であり、立秋からの残暑が退いて秋の気配が立ち始めるとされる。

「処暑には鷹が鳥を捕らえて祭り、天地の間には草木を傷め枯らす粛殺の気がみなぎり始め、穀物がようやく実りだす」と。

日本の気候からすると半月くらい早いだろうか。

|
|

« 猛暑の詩 | トップページ | 晩夏 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑の詩 | トップページ | 晩夏 »