« 晩夏 | トップページ | 晩夏Ⅲ »

晩夏Ⅱ

早朝、ツクツクがわずかに鳴いていたが、今は静か。

玄関先にあったセミの死骸は、蟻が運んでいったのか、羽だけが残っていた。

昨夜から待望の『旧制中学入試問題集』(ちくま文庫)を封切。明治の国語の入試問題を読む。「口語文を普通文(文語体のこと)に直せ」というのが多い。

|
|

« 晩夏 | トップページ | 晩夏Ⅲ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩夏 | トップページ | 晩夏Ⅲ »