« 肩越しに金星Ⅳ | トップページ | 中伏 »

星二題

昨夜、20時30分頃家への帰路で、西空に比較的高く牛飼い座があり、真正面にはさそりがほぼ南中して大きな頭をもたげていた。

午前2時頃、眼が覚めたので月明かりの窓辺に誘われて外を見てみると、満月を過ぎた月が薄く雲でおぼろになりながらも晧々と光り、西のほうには縦になりつつあるはくちょうと牽牛が、また南側の向かいの屋根のすぐ上には南の魚のフォーマルハウトが、中天にはペガサスの四辺形が大きく見えていた。東にはカペラも昇っていた。

早朝、4時半頃には完全に曇り、一時激しい驟雨となった。

|
|

« 肩越しに金星Ⅳ | トップページ | 中伏 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩越しに金星Ⅳ | トップページ | 中伏 »