« 肩越しに金星Ⅳ | トップページ | 東都大学野球Ⅲほか »

芒種

今日は芒種。

カマキリが生まれ、鵙(げき)が鳴き始め(何の鳥?)、反舌(もず)が声をひそめる、と。

芒種というとよく引かれるのが竇常の「北固晩眺」(ほっこのばんちょう)で

水國芒種後
梅天風雨涼
露蠶開晩簇
江燕繞危檣

水国(すいこく) 芒種の後
梅天 風雨涼し
露蚕(ろさん) 晩簇(ばんぞく)を開き
江燕(こうえん) 危檣(きしょう)を繞(めぐ)る

ここ江南は芒種のあと
梅雨に入ると風雨で夏というのに涼しい
外で飼っている蚕は夕暮れのすのこの箱一杯に育ち
揚子江にやってきた燕は、高い帆柱の周りをめぐる

と歌う。入梅は今月11日で梅雨も近い。

|
|

« 肩越しに金星Ⅳ | トップページ | 東都大学野球Ⅲほか »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩越しに金星Ⅳ | トップページ | 東都大学野球Ⅲほか »