« 満月 | トップページ | 野村克也『エースの品格 ~一流と二流の違いとは~』 »

事納め または事始め

『江戸の歳時風俗誌』を読んでいて、十二月八日に「事納め」として、ザルを竹さおの上部に付けて屋根の上に掲げる奇習があると知った。天から財宝が降るのでこのザルで受けるのだと。現代でもやっているところはあるのだろうか。

これを「事納め」といい、この日から歳暮年始の行事を始める。各戸の屋根の上にザルを掲げているのを見て、江戸の市民は正月の近きを知ったという。

年明けの二月八日を「事始め」といったが、逆に十二月ほうを、正月の準備を始めるので「事始め」といい、二月を「事納め」ということもあった。二月になって「事始め」というのはちょっと遅すぎるから、後者のほうが心情としてはしっくりくる。

|
|

« 満月 | トップページ | 野村克也『エースの品格 ~一流と二流の違いとは~』 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満月 | トップページ | 野村克也『エースの品格 ~一流と二流の違いとは~』 »