« 小雪 | トップページ | 師走 »

早稲田大学vs慶応義塾大学二回戦Ⅱ

すみません。やっと続きのレポートです。

6-0で大敗ムードの8回裏、先頭の代打・藤原(失礼だけどそんな選手いたか?)が見事に三塁打、それを続く8番松本が犠牲フライで返して、1点を取り反撃の火蓋を切る。

代打を送ったため9回表に斎藤が登板。しかし簡単に1点を奪われ、7-1と差が広がっての9回裏の攻撃となる。

2番・松永がサードゴロに倒れたあと、3番・土生が四球で出塁、4番・原に代わって代打に送られたのはなんと大前!ご存知の方も多いと思うが、社(やしろ)高校の左腕エースで、筑波大に進んだ先輩の坪井君が「こいつには絶対かなわないと高校時代思った」と述懐している投手である。数少ない左腕として下級生のときから登板していたが早稲田は投手陣が厚く(須田、斎藤、松下、最近では大石や福井など。基本的にはそのうちの二投手しか投げる機会がない)、上級生になってからはなかなか登板する機会もないままに野手に転向という報道もちらちら聞くという存在だった。これは文字通り最後の打席だろう。その彼が見事ライト前ヒットを放ち、一死一塁三塁に。

一年生5番・杉山がライトへの犠牲フライを放ちまず1点。続く山田敏もセンター前でもう1点返す。

ここで斎藤に代わる代打はキャプテン・山川。この人も下級生のときは代打や、一時は3番を打っていたりもしたが、最上級生になってからはほとんどスターティングででることはなくなった。もちろん最後の打席だが、意地を見せてレフト前ヒット。これで二死一塁二塁になる。

ここで慶応の投手は小室から松尾に代わる。8番・松本に代わる代打は宇高。
不調なのか、クリーンナップどころかとうとうスターティングメンバーからも姿を消した彼だったが、ここで期待に応え左中間を破る二塁打を放ち、二塁ランナーを返して7-4となった。なお二死二三塁。

ここで代打に送られたのはキャッチャーの市丸。あと3点で同点という場面。
しかしセカンドゴロに倒れ、代打攻勢もここまで。最後の追い上げの盛り上がりは良かったが、7-4の大敗であることは変わりがない。

これで優勝のかかった早慶戦も早稲田全く良いところなく連敗で勝ち点を落とし、結果明治が優勝、慶応が二位となる。
夕闇迫る神宮球場で閉会式。また来年。

|

« 小雪 | トップページ | 師走 »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小雪 | トップページ | 師走 »