« 霜降 | トップページ | 昨日の野球 »

早稲田大学vs法政大学一回戦

10月17日(土)の試合です。遅報ですみません。

10:20頃球場に行くと(11時開始)、なぜか特別内野指定席に長蛇の列だった。さくさくと一般内野に入って一番内野よりの席を取ればいいじゃんと思ったのは私だけ?

以下スタメン。
 
 早稲田大学
[8] 小島宏 (愛工大名電)
[6] 松永 (広陵)
[9] 土生 (広陵)
[7] 山田敏 (早稲田実)   
[2] 杉山 (東総工業)
[3] 原 (桐蔭学園) 
[4] 後藤 (早稲田実)
[5] 宇高 (今治西) 
[1] 斎藤佑 (早稲田実)

 法政大学
[6] 多木 (坂出)
[9] 和泉 (横浜) 
[8] 今井 (履正社)
[4] 松本雅 (関西)
[7] 加治屋 (育英)
[5] 亀田 (智辯和歌山)
[3] 石川 (小山西)
[2] 廣本 (浪速)
[1] 三上 (県岐阜商)

法政はエースの二神ではなく、あえて三上を持ってきた。「エースが第一戦とは限らない」という法政・金光監督のコメントを週ベ(週刊ベースボール2009秋大学野球号)で読んではいるが、翌々日の新聞報道によると二神は不調らしい。亀谷も負傷らしく、加賀美とあわせて法政は満身創痍のてい。

3回表に斎藤の安打を小島が送って、松永が左翼越えの二塁打で斎藤生還、先取点。申し訳ないが松永のチャンスの一打というのをはじめて見たよ…。

5回表、同じく斎藤の中前安打から小島が二塁打して無死一、二塁。再び松永が中前に運んで二者生還、3-0。すげー(春はあんなに叩かれた松永が…)。これで三上をKOし、法政は武内を投入。大柄な体から150キロ台の速球を投げる投手だが、今日はそれほどの迫力ではなかった。

しかし、法政は6回裏満塁のチャンスを作り、その時は無得点でしのいだが続く7回、下位からの三連続安打で2点奪取、斎藤をKOした。この下位から大石投入と思ったのに、これは斎藤が試合ぶち壊し役に?大石も一点取られ、ついに同点。
法政は8回から一年生の三嶋投手を出してきたが、これは大石以上のすごい投手で、投げる球の半分以上は150キロ台を出しているんじゃなかろうが?私は見落としたが「155キロ」という周囲の声もあり、本当なら神宮での大学野球計測でぼ最速となる。

三島は危なげなく早稲田打線を抑え、大石は苦しみながらも法政打線を押さえて延長戦に突入する。11回からは法政は三嶋に代えて西。そのまま投げあいとなって12回も早稲田三者凡退、法政も走者を出しながら最後の打者藤田が三振、規定により引き分けとなった。オイオイ。

引き分けの時両校いっぺんに校歌を歌うのはやめてほしい。時間の短縮なのだろうが、これではエール「交換」といえない。前は先攻から先に歌っていたような気がするけど…。

今日の総括。総力戦だった。150キロvs150キロの対決。「逆MVP」は斎藤。

その後、日、月と連敗し勝ち点を落とす…。

|

« 霜降 | トップページ | 昨日の野球 »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霜降 | トップページ | 昨日の野球 »