« 立夏 | トップページ | 半月 »

早稲田大vs立教大一回戦

先週の日曜日から火曜日にかけてvs法政戦が行なわれ、斎藤の打者一巡・1イニング6失点と大石の崩壊の大敗を含む1引き分け2敗で敗れる。

そして。5月2日(土)に迎えた対立教大一回戦。先発メンバーは以下の通り。

先攻 早稲田大学
2 杉山(東総工)        1年
8 川西(早稲田実)     2年
9 土生(広陵)           2年
7 山田敏(早稲田実)  3年
5 宇高(今治西)        3年
3 原(桐蔭学園)        2年
6 後藤(早稲田実)     3年
4 松永(広陵)           3年
1 松下(明徳義塾)     4年

今度は杉山が1番だ。不動の4番の原を6番に退け、土生、山田敏貴、川西で上位を固める。そして斎藤が先発でない!?めった打ちで絶不調なのか。松下君は前にも書いたが一年春に明治戦で満塁ホームランを打たれて負け、それで優勝を逃したので申し訳ないが良い印象がない。でも4年生は松下だけ。

  後攻 立教大学
8 田中宗(佐賀西)   3年
4 中山(日大三)     4年
8 五十嵐(新潟明訓)  4年
9 藤田(金沢桜ヶ丘)  3年
3 大林(日大大垣)     2年
5 岡崎(PL学園)       2年
6 松本(横浜)           1年
2 前田雄(米子西)     3年
1 戸村(立教新座)     4年

1回の表、早大が一点を先取したが、その裏中軸に連打され、早くも松下が3点を奪われる。
缶ビールの500mlを持っていったのだが、駅から歩いている途中で考え直して350mlを買い、試合開始まで飲んでいたが足りなくなり、500mlも飲んだが今度は眠くなった。この試行実験の結果、今後は500ml一本でとどめることに決定。
目が覚めるといつのまにか投手が福井に変わっている。その福井がまた中軸に長打を連打され、5-1。
なんとか、原のソロホーマーで1点を返したが、斎藤・大石をあえてはずした松下・福井で5-2で敗退。暗雲がたなびく。
.
次の慶応vs東大戦。東大の先発は大黒柱の鈴木でなく、バックスクリーンのベンチ入りメンバーにさえ名前がない。負傷?

|

« 立夏 | トップページ | 半月 »

大学野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立夏 | トップページ | 半月 »