« レッドクリフ 続き | トップページ | ティッツ »

穀雨

昨日は穀雨。恵みの雨が穀物に降り注ぐ、と。萍(うきくさ)が生じ、鳴鳩(いかるが)が羽ばたきし、戴勝(ふくどり)(?)が桑の枝に止まる。

昨日、白居易の「三月三十日 慈恩寺に題す」と、賈島の「三月晦日 劉評事に贈る」の詩を読む。いずれも、いわゆる「三月尽」で、今日で最後の「春」を送る詩だ(四月からは夏)。前者は牡丹などで有名な慈恩寺を終日徘徊し、中でも「紫藤花」に逝く春を惜しみ、後者に至っては友人と徹夜して春を惜しむ(暁の鐘がなるまではまだ春だと)。
今年の三月尽(旧暦3月29日)は4月24日だ。

|
|

« レッドクリフ 続き | トップページ | ティッツ »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レッドクリフ 続き | トップページ | ティッツ »