« 啓蟄 | トップページ | 残月 »

こぶし

しばらく更新を怠っていた…。

通勤途上のこぶしの花が、しばらく見ぬうちにあっという間につぼみがほころび、今満開の花をつけている。青空に向って咲き誇るこぶしの花は、昨年記した「セント マグノリア」ではないが、とても聖らかで、神々しいものに感じる。

中国では「辛夷」というが、「こぶし」は日本原産であり、舶来の「木蓮」と異なる。漢詩を読んでも辛夷の花びらは紅であり、こぶしの純白や乳白とは趣が異なる。

宮沢賢治の「マグノリアの木」を改めて鑑賞したい。

|
|

« 啓蟄 | トップページ | 残月 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啓蟄 | トップページ | 残月 »