« こぶし | トップページ | 春分 »

残月

今朝、5時ごろ外へ出てみると、下弦過ぎの月が南の空にかかり、東から天頂にかけての空高く織女を頂点とする夏の大三角が大きく昇っていて、暖かい気候ともあいまって「これは梅雨明けの空か」と錯覚しそうだった。

明るくなってくると、どこからともなくウグイスの「ホーホケキョ」の声が聞こえてきて、春到来本番を知らせ、これもちょっとした驚きだった。

|
|

« こぶし | トップページ | 春分 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こぶし | トップページ | 春分 »