« 残月 | トップページ | 春到来 »

春分

今日は春分。朝から雨、ときに雨樋から水があふれるほど激しく、なんとなく地球温暖化を感じさせる。

昼夜の長さ等しく、唐代には内外の官吏は一日の休暇を与えられた(現代でもそうだが)。燕が渡ってきて、春雷が鳴り、電光が起こり始める、と。

啓蟄の項で書いた桜はオカメザクラだったようだが、ソメイヨシノももう咲いているとか。季節が15日くらい狂ってきてないか?

|
|

« 残月 | トップページ | 春到来 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残月 | トップページ | 春到来 »