« 柿とミカン | トップページ | 初霜 »

冬の星座

昨日夜、23時ごろ帰宅する途上で、オリオンはじめ豪華絢爛な冬の星座が昇ってきており、いよいよ冬到来を告げていた。
顧みれば、ペガサスの四辺形が西に向かい、カシオペアが中天・直上の空に輝いていた。

昨日は朝430に目が覚めたので、まだ暗い外を見て星空を見てみた。
すでにオリオンやシリウスなどが西に傾き、獅子とその南の土星、からすまで昇ってきていた。東の空のアークトゥールスが信じられないくらい大きかった。うみへびの心臓がちょうど真正面に南中していた。
空気が澄み、微星まで見えた。

|
|

« 柿とミカン | トップページ | 初霜 »

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柿とミカン | トップページ | 初霜 »