« 立夏・端午 | トップページ | 家庭教師ヒットマンリボーン6 »

芒種・入梅

6月5日は芒種だった。「芒(のぎ)をもつ穀物の播種を行なうべき時、つまり田植えの時期であり」(『唐詩歳時記』)、または「芒のある麦を取り入れ、稲を蒔く時季」(『漢詩歳時記 夏』)とある。「燕が飛びかい、梅の実が熟する。江南では、黄梅雨とな」るとも(同前書)。また端午も本来はこの季節だった。
さっさと書き込まないうちに5日経ち、今日は入梅(雑節の)になってしまった。
昨日、故あって成田に行ったが、曇天の下、水田にはすでに田植えされた稲が青々と茂っていた。郊外まで出かけないとなかなか水田を見る機会もない。

|
|

« 立夏・端午 | トップページ | 家庭教師ヒットマンリボーン6 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立夏・端午 | トップページ | 家庭教師ヒットマンリボーン6 »