« 三月の曲 | トップページ | モクレン »

春の社日

一昨日の19日は社日(しゃじつ)だった。春分・秋分に一番近い戊(つちのえ)の日で、土地の神”社”を祭る日である。「土地の神様に酒肉を供えて、五穀の豊穣を祈願した後、お供え物を下げて、日の傾くまで楽しく遊んだ」と『唐詩歳時記』にある。この日は官吏も休暇になり、女たちも針仕事を休んだという。
夕方になると、「社酒」に酔った家人を抱えて帰った、と王駕の詩にある。
この日に降る雨を「社翁雨」というが、翌春分の日も風雨が強かった。

|
|

« 三月の曲 | トップページ | モクレン »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三月の曲 | トップページ | モクレン »