« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

冬よさらば

昨土曜日は春一番になる生暖かい強風が吹き荒れた。空も明るく、陽光が強くなったと思わせた。
昨日曜日は、小田原の曽我の梅林を訪問した。天は抜けるように青く、風は冷たいが真冬に比較して暖かく、さわやかな春の気を感じた。白梅も紅梅も、青空をバックに満開に咲いていた。近寄ってみると白い五枚の花弁が可憐だった。大きく見える雪をかぶった富士も雄大だった。
2月中旬に池に氷が張ったのがこれが最後と思ったが、今朝はまた寒の戻りで氷が張っていた。

| | コメント (0)
|

雨水

今日は雨水。さまざまな生命をよみがえらせる水を雨降らす時期であり、川獺が捕らえた魚を岸辺に並べて祭り、鴻雁が北へ帰り、草木が萌えはじめるという。

朝、通勤電車で俳句歳時記を開くと「春隣」(はるとなり)という季語が飛び込んできた。

「光の春といって日差しが強くなり始め、空中がきらきらしたりして、寒さはあるが明るい感じになる」と。今はそんな感じだ。

| | コメント (2)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »