« 読むスピードがのろい | トップページ | 野尻抱影『星三百六十五夜』中公文庫 »

ワープロは字を知らねーっ!

あるとき、しい逆(弑逆)と打とうとしたらワープロが変換しない。「えー、弑逆を知らないの?」と意外に思って困った。
その後、似たようなことは何回もあって、その都度「オイオイ、ワープロなら変換してくれよ(俺は書けないけど)。」と思ったものだ。

一例を挙げると
ちゅうさつ:誅殺
じもく:除目(これを変換してくれないと国文学の人は困るのではないだろうか)
ぶれつ:武烈(一太郎なら天皇の名前は全部変換してくれたのにワードはこの程度でもムリ)

日記調の文章を打っていて
「じんぜんとして日々は過ぎ行く」の荏苒が出ないのにも参った。変換してくれないとどんな字だったか思い出せない…。

もうどう:艨艟も出ませんかね
ちょうちゃく:打擲とかも。
さんじょ:芟除が出ないのは納得できるが(味のある言葉ではあるが)。
でも
孜々としていそしむ
はちゃんと変換した。えらい。
しかし
きっきゅうじょとして
はムリだった。
ワープロだけに依存して読書しないと日本語が貧困になると自戒も込めて実感する。

|
|

« 読むスピードがのろい | トップページ | 野尻抱影『星三百六十五夜』中公文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読むスピードがのろい | トップページ | 野尻抱影『星三百六十五夜』中公文庫 »