« 織女と蟋蟀 | トップページ | 去年の今日 »

高橋多佳子&宮谷理香デュオ・コンサート

今日は八王子まで表題のコンサートに行ってきた。
ピアニスト・高橋多佳子さんについては別項を立てて多くを語らなければならないが、我が陣営の右のエースで、登板すれば完投・完封は当たり前とだけ今は言っておこう。
曲目はモーツアルトの2台のピアノのためのソナタk448と、宮谷さん、高橋さんソロによるショパンのマズルカ、エチュード、ノクターン、即興曲、連弾でブラームスのハンガリー協奏曲二曲、後半がアレンスキーとラフマニノフのいずれも二台のピアノによる組曲であった。
モーツアルトのソナタk448を生で聴けたのも良かったが、一番印象に残ったのはアレンスキーの組曲で、冒頭のロマンスは「ロシアの冬」(高橋さん談)というより「若葉・林の風」という印象をもち、最後のポロネーズも「陽光のポロネーズ」という感じで爽やかだった。
中間のワルツも諧謔的で面白い。
アンコールの「花のワルツ」も2台ピアノの華麗さとエレガントさ、迫力が加わって感動を呼んだ。
昨年の第一回のこのデュオ(「デュオ・グレース」)のコンサートには行けなかったが、また聴きに行きたいと思う。
楽しい時間を過ごした夏の午後だった。

|

« 織女と蟋蟀 | トップページ | 去年の今日 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日はありがとうございました。
それにしても、アップが早いですねぇ~。(^^;)

私もより充実したお2人の演奏に触れることが出来て感激でした。

文中の「美奈子」さんの苗字は「中野」なのか「本田」なのかいろいろ考えてみました。
こんな1人遊びも、結構楽しいものです。
随分クライですけど。


ところで、先般お願いしたとおり私のブログにロイヤルトランペットさんのブログをリンクさせていただきました。
よろしくお願いします。

投稿: クラウディオ アラウ | 2007年8月19日 (日) 22時52分

今夜書いておかないともう書けないと思いまして…。
ふざけた投稿で申し訳なく思っております…。

投稿: ロイヤルトランペット | 2007年8月19日 (日) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 織女と蟋蟀 | トップページ | 去年の今日 »