« 七夕は旧暦で | トップページ | 小塩節『自分に出会う ある生い立ちの記』 »

「家庭教師(かてきょー)ヒットマン・リボーン」

土曜日の朝10時半からテレビ東京でやっているアニメ「家庭教師(かてきょー)ヒットマン・リボーン」をひょんなことから見ている(その時間いつも出かけているので録画してだが)。
主人公のお母さん役に、声優の深見梨加さんが出ているので、それが目的だったのだが、見てみるとなかなか面白いのでついつい毎週見てしまう。

ダメ主人公が友人たちの力を借りて成長していくという典型的なジャンプのマンガであるが、「死ぬ気弾」というのを打ち込まれると死ぬ気でがんばるという設定と、脇役の面々の個性が面白い(特に獄寺君というダイナマイトを投げつける少年と三浦ハルという「はぎー」と奇声を発するズレてる女の子)。その他の登場人物も山本にしても京子にしても、いかにも中学生くらいの男の子、女の子という感じで好もしい。テンポ良いテーマ曲も良い。

でも我々が子供の頃のマンガに比べて、設定がはるかに細かい。例えば「ど根性ガエル」のひろしの上の名前は何というのだろう?何中学校に通っているのだろう?誕生日は?ゴリライモの本名は?すべてが不明である。
でもこの作品にはいろいろ細かい設定があって、公式ブログやウィキペデイアを見てある程度「学習」したが、でもアルコバレーノが誰かとか、よく出てくるランキングの少年の名前などとても覚えられない。日本アニメもどんどん進化しているというべきか…。

|

« 七夕は旧暦で | トップページ | 小塩節『自分に出会う ある生い立ちの記』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七夕は旧暦で | トップページ | 小塩節『自分に出会う ある生い立ちの記』 »