肩越しに金星 2

昨日より早く、午後7時半前にまだ青さが残る空に輝く金星を見る。

やはり金星は、青みのある空をバックに清楚な白い輝きを放っているのが良い。

午後9時ともなると、はるかに光は弱いがスピカが南中し、春の大三角が南の空に大きくかかる。

| | コメント (0)
|

今日は新月で、今日から旧暦の四月。

| | コメント (0)
|

肩越しに金星 平成30

夕空に回った金星が、初夏の遅い宵に大きく輝いている。

21時を回ると、今度は南東の空に木星が大きな落ち着いた輝きを点じている(この9日に衝)。

| | コメント (0)
|

別れ霜

昨日は寒く、夜はエアコンの暖房をつけるほどだった。

「八十八夜の別れ霜」をすでに越えている。

| | コメント (0)
|

夏の雲

今日は快晴。遠出して車窓から眺めた雲は、もくもくと綿状に成長し、夏の雲の片鱗を見せていた。

夜、スピカが南中し、春の大三角が南の空の正面に大きく懸かっている。

| | コメント (0)
|

初夏の宵

この季節の夜は、まだ真夏のように暑くなく、むしろ涼しく、独特の良さを持っている。

夜の闇の中を沈丁花の香りが強く香っている。

| | コメント (0)
|

5月

今日から5月。

相変わらずウグイスが良い声で鳴いている。

| | コメント (0)
|

つつじ

まだGW前だというのに、藤の花がすっかり終わってしまい、一週間くらい前からツツジの花が盛りになっている。

今朝は未明からの風雨に加え、雷鳴も聞こえてきた。

| | コメント (0)
|

穀雨

今日は二十四節気の穀雨。

恵みの雨が、成長を始めた農作物の上に注ぎかかる。

「萍(うきくさ)が初めて生じ、鳴鳩(いかるが)が羽ばたきし、戴勝(ふくどり)が降りて桑の枝にとまる」と。

今朝もあの声の良いウグイスが鳴いている。

| | コメント (0)
|

旧ひな祭り

昨日は旧三月三日で、旧ひな祭り。

雨が上がった夕方の空に、三日月がかかっていた。

| | コメント (0)
|

«ウグイス