肩越しに金星 ‘18・11月

今、朝の正六時。窓越しに明けてきた空の雲をふと見ていると、銀色の金星が輝いているのに気付いた。

10月25日に内合を迎えてから暁の空に回り、姿を現したのだが、かなり高い空だったので驚いた。

この後どんどん高度を増し、12月2日には日の出時の高さが30度を越え、-4.7等の最大高度になって輝く。、

| | コメント (0)
|

月と火星

昨日夜、西に傾く上弦の月と赤い火星を見る。

木星や金星が月と邂逅するのはたまに見るが、火星は珍しい。

顧みれば織女が、すぐそれとわかる青い艶なきらめきで、北西の空に低かった。

| | コメント (0)
|

亥の子餠

今日は新暦は七五三で、旧暦では亥の子餠。

十月の亥の日に餠を食して万病をはらう。猪が多産であることにあやかったもの、と。

| | コメント (0)
|

天狼

昨夜11時半ごろ、東の空に今年初めて天狼星(シリウス)がきらめいているのを見る。

| | コメント (0)
|

柑橘

通勤途上の沿道の家々の庭に、さまざまな種類の柑橘がたわわに実っている。

| | コメント (0)
|

旧十月

今日から旧暦で十月。

部屋の整理をして、購入したこと自体も忘れていた良書を見つけた。

白井明大・有賀一広『日本の七十二候を楽しむ~旧暦のある暮らし~』(東邦出版)

二十四節気の一つ一つを更に三つに分けた「七十二候」ごとに、イラストと文章で季節の言葉や旬の食材、行事などを解説している。

毎日開いて楽しみたい。

| | コメント (0)
|

立冬

今日は立冬。

今朝もそれらしい曇天で、ときおり雲間から朝日が顔を見せる。

| | コメント (0)
|

秋時雨

今日も時雨模様。

| | コメント (0)
|

時雨

長い秋雨も終わり、やっと秋晴れの季節かと思ったら、もう足早に時雨の季節になっている。

昨日も昼ころぱらぱらと降られたが、今日は本格的で、気候も寒く北国からは初冠雪、初氷の便りが届く。

| | コメント (0)
|

赤い星

昨日夜、まだ時間が早いうちに、秋の空にぽつりと輝いている赤い火星を見る。

夏の大接近の頃より趣があるような…。

雲間から、西に傾いているもののまだ高い織女と牽牛が見えた。

| | コメント (0)
|

«霜降